ベビー服を洗うのに大事なのは洗剤ではなく「洗濯の仕方」

ベビー服の洗剤・洗濯

ベビー洗剤は必要?いつまで大人の洗濯と分けるべきなの?何を選べばいいのと悩む方も多いのではないでしょうか?

私も悩みに悩んで結局ベビー用ではない普通の洗剤を使って大人のものと一緒に洗うという選択をしました。大事なのは洗い方です!

スポンサーリンク

ベビー洗剤は絶対必要?

赤ちゃんの肌はちょっとした刺激でも肌荒れを起こします。
そのため、ベビー用洗剤は刺激を抑えるために、肌に優しい成分で作られています。

洗浄力が高い=刺激が強いので、つまりベビー用洗剤は大人の洗剤よりも洗浄力が落ちるものが多いということになります。

汗をかき、ミルクを吐き戻し、排泄物が漏れる…大人のものよりもしっかり洗いたいのがベビー服ですよね。
洗浄力を落とし、もしも汚れが残ったままだと、そちらの方が肌に負担をかけてしまいそうです。

大事なのは洗い方

最近の液体洗剤はすすぎ1回でもOKとうたっているものが多いです。
これは洗剤成分が繊維に残りにくいように開発されているから1回でもOKということですが、1回のすすぎで完全に取れるわけではありません

これは大人向けの洗剤でもベビー用洗剤でもいえることなのですが、すすぎの回数を増やせば洋服の洗剤残存量も減らすことができます。

つまり、一般的な洗剤でしっかり汚れを落とし、すすぎもしっかり行って洗剤も落とすことが大事です!

洗剤の選び方

一般的な洗剤の中でも特に避けたい成分があります。それは着色料香料蛍光増白剤です。

着色料とは洗剤の色です。服を洗うのに洗剤に色がついている必要はありません。

香料とは匂いです。消臭ではなく、洗濯ものにさらに香りを足すだけなので、ベビー服には必要ありません。

蛍光増白剤とは紫外線を吸収すると青白い光を発光する、染料の一種とも言えます。布の黄ばみを補色の青で目立たせなくすることで衣類を白くごまかすもので、ベビー服にはなくてもいい機能です。

これらが配合されていない洗剤を選びましょう!

おすすめ洗剤3選

ヤシノミ洗たく洗剤 濃縮タイプ

繊維に残りにくい洗浄成分に加え、肌刺激の恐れのある合成香料・着色料・抗菌剤など無添加。蛍光増白剤(蛍光剤)・漂白剤も無配合で色柄や風合いを守ります。

香料無添加で皮膚テスト済みという点でポイント高いです!最近ドラッグストアではなかなか手に入りませんが、セブンイレブンやネットにて手に入ります。

アタックゼロ

蛍光増白剤が無配合で、植物由来のバイオIOSという洗浄成分がほとんど繊維に残らないというのが売りです。残念ながら香料が入っているのですが、強くはありません。一応微香だそうです。

部屋干しをしても嫌な臭いが残らず、においの原因となる汚れがしっかり落とされている印象です。洗浄力という点でポイントが高いです!

さらさ

蛍光増白剤、着色料、漂白剤無添加です。皮膚科医監修のもと、肌テストもされているそうで、肌に優しいです。残念ながらこちらも香料が入っています。

アタックゼロよりも少し香りが強めです。肌テストがされている点ではポイントが高いです!

汚れは事前に手洗い

ミルクの吐き戻しなど汚れがついてしまった場合は事前に石鹸でもみ洗いをしてから洗濯機に入れるようにしましょう。

普通の石鹸でもいいのですが、ベビー用の石鹸は確かに汚れがよく落ちます!

サラヤ ベビー石鹸

うんち汚れ、ミルク汚れがよく落ちる印象です。汚れている部分を濡らしてからこの石鹸でごしごし直接こすり、そのあと布同士をもみ洗いするとたいていの汚れは落ちています。

内側がビニール加工されているため、袋を切り開くと石鹸置きになるというのも地味にポイント高いです。ほのかに香るラベンダーの香りにも癒されます。

ウタマロ石鹸

泥などの汚れに抜群です!これも布同士のもみ洗いが必要です。ベビーに限らずワイシャツの襟汚れ、スニーカーの泥汚れが特によく落ちます!

まとめ

赤ちゃんの肌が元々弱い場合はベビー洗濯洗剤を使った方がいいと思いますが、大丈夫そうだな??と思ったら大人と同じ洗剤を使ってみてください。洗濯も分けなくていいからストレスが減りますよ

出産&子育て
スポンサーリンク
くおれびをフォローする
くおれび
タイトルとURLをコピーしました