おしゃれ電気ポットタイガーとく子さん!安全で赤ちゃんにもおすすめ

tokuko

これまで都度沸かしていたお湯ですが、在宅勤務などで自宅時間が増えたため電気ポットを購入しました。

私が選んだのはおしゃれでインテリア性も高い「TIGER蒸気レスVE電気まほうびん とく子さんPIM-Gシリーズ」です。

こちらのポットの特徴や使ってみた感想をご紹介します。

スポンサーリンク

とく子さんって誰?

いえ、とく子さんは商品名です。

タイガー魔法瓶株式会社の商品名で従来の電気ポットに比べて保温効果の高い魔法瓶構造のVEタイプにより、省エネで電気代を節約することで「とく子さん」と名付けられました。

ちなみに10月9日はとく子さんの日です。初代は1998年に発売。

とく子さんは日々進化しているようです。

とく子さんの特徴

とく子さん最大の特徴は何といっても「蒸気が出ない」ことではないでしょうか。

蒸気キャッチャー構造を搭載し、蒸気が本体の外に出てこないため、蒸気によるやけどや結露の心配がなく、棚などでも置き場所を自由に選ぶことができます。

小さいお子さんがいるご家庭でも安心ですね。

PIM-Gシリーズの紹介

今回購入したのはTIGER蒸気レスVE電気まほうびん とく子さんの3リットルタイプのPIM-G300です。こちらの他にも、2.2リットルタイプのPIM-G220があります。

tokuko
おしゃれな見た目のとく子さん

特徴は以下の通りです。

  • 蒸気レス
  • コードレスでもエアー給湯が可能
  • 暗いところでも残りの水量がわかるバックライト水量計
  • お湯計量機能
  • 節電VE保温
  • 2段階の給湯量切替 (たっぷり給湯とゆっくり給湯)
  • ワイドレバー式電動給湯
  • 空だき防止
  • 自動ロック電動給湯
  • スクエアフォルムでシンプルデザイン
  • キッチンタイマー
  • 98~70℃の保温機能

ちなみに湯沸かしを2回/1日、再沸騰1回/1日、90度保温を続けた場合の1日の消費電力は0.70kWhだそうですので、1kWhあたり27円だとすると27×0.70=18.9円です。

因みに我が家は湯沸かし1~2回/1日、その後まほうびん機能なので実際はもっと安いと思います。
電気代に影響はあまり出ていません。

実際に使用してみた感想

良かった点

①蒸気レスなのは本当に良い!!

置き場所に困らないというのもその通りですが、壁紙や天井がダメにならないかなんて気にする必要もないし、棚の中段に設置することも可能です。

また、ポットの外側が熱くなることもないので、うっかりポットの上に軽く物を置いてしまっても安心です。

②お湯軽量機能はそこそこ使える

多少の誤差があるので正確にお湯が必要な場合は使えないですが、だいたいこれくらいお湯を入れたいなという時には参考になるので便利です。

③コードレスエアー給湯なら場所を選ばずにお湯を使える

コンセントを抜いてもエアー給湯ができるのでテーブルで使う、ベランダで使うというシーンに便利かと思います。

他にもクエン酸洗浄をした後に流しにポットを持っていくと我が家はコンセントが届かなくなるのですが、エアー給湯でお湯を出せます。

さすがに満杯にお湯の入ったポットをひっくり返すのはなかなか重いのである程度お湯を出してからひっくり返せばいいので便利です。

④まほうびん機能が優秀

朝にお湯を沸かしたらそのまま、まほうびんモードを使っていますが、2時間くらい経っても90℃以上、4時間経過しても75℃以上を余裕でキープしてくれているのでお茶を飲む分には問題がありません。

ポットを購入する前はティファールの電気ケトルでお湯を沸かす→ステンレスポットで余ったお湯を保管するようにしていましたが、入れ替える必要がないし、とにかく保温性抜群なので助かっています。

惜しい点

①バックライト水量計がかなり明るい

かっこいいんですが、部屋の電気を消すとかなり明るいので、結局この機能は常にOFFにしています。

そもそも暗い部屋で使うことがないし、使うとしてもお湯を出そうとロックを解除するときにだけ点灯してくれればいいのに…と思います。

色もオレンジなのでなんだか夜中に怪しい光を放ちます。明るさセンサなど搭載するなど、もう少し改良していただけるとありがたいなと思います。

水量計の部分が光る!!

②エアー給湯用のロックが上に飛び出している

ポットの上面がフラットだと嬉しかったのですが、このロックが突起となっています。

我が家は棚の中段にポットを設置予定でしたが、この突起がぶつかりそうなので場所を変えました。

シンプルなデザインなのにこの突起がデザインを邪魔している気がしました。

③あともう少しのお湯が出ない

これはどのポットでもいえることですが、お湯を完全に出すことができません。

ですので、結局お湯を入れ替える際は上からお湯を捨てる必要があります。

とはいえ、蓋を簡単に外せるので簡単にお湯を捨てられます。

まとめ

実際に使ってみた感想としてはとにかく便利の一言です。

惜しいなぁと感じているところはありますが、それは大きな問題でもありませんので、買ってよかったと思っています。

本当は白デザイン希望でしたが、黒しかなかったのでこちらを購入しましたが、設置してみると圧迫感がなくてなじんでいます。

3.0Lタイプ以外にも2.2Lタイプもありますので、参考にしていただければ幸いです!

リビングに最適!おしゃれなヤマト工芸のごみ箱&ティッシュケース
部屋をいくらおしゃれにしても、ごみ箱やティッシュはどうしても悪目立ちしてしまいがちですよね。そこで、実用性とデザインを兼ね備えたおしゃれなものがないか探し、辿り着いたヤマト工芸のダストボックスとティッシュケースをご紹介します。
暮らし
スポンサーリンク
くおれびをフォローする
くおれび
タイトルとURLをコピーしました