体温計はどれがいい?測る場所によって体温が違う?比べた結果も!

体温計どれ選ぶ?
おでこと耳とわきで体温を比べた結果も

コロナ禍で体温を測る機会が増えた昨今。1人1つは持っておきたいアイテムとなりました。

しかし、調べてみると体温計ってわきで測るタイプもあればおでこで測れるものまで種類が豊富です。

どれを使ったらいいの?と迷いますね。そこでそれぞれの特徴やおすすめをご紹介します。

くおれび
くおれび

この記事はこんな方におすすめ!

・体温計はどのタイプがいいのかわからない

・体温計について軽く知りたい

・出産準備中

スポンサーリンク

体温計の比較

わきや口で測るのは予測式が主流

予測式の仕組み

電子体温計には「サーミスタ」という温度が変わると電気の流れにくさ(抵抗)が変化する電子部品が入っています。

測り始めの数十秒で温度がどのように上昇していくかを測定し、「予測」しています。

そのため、実測値を測定したい場合は10分ほど測定続ける必要があります

特徴

  • 正確な体温を測れる
  • 安価なものもあるので経済的
  • 小型で持ち歩きにも便利
  • 測定に数十秒かかる
  • 複数名で使用する場合は衛生的に拭きとりが必要

耳やおでこで測るタイプは非接触式

非接触式の仕組み

非接触式体温計は体から発される赤外線を測定し、温度を割り出しています。

例えば、自動ドアは私たちから発された赤外線に反応して作動していますよ。

特徴

  • 瞬時に測れる
  • 接触しなくていいため、沢山の人の測定をしたいときに向いている
  • 価格が高い
  • かさばるものが多い
  • 測定方法に気を付けないと正確さに欠ける

測る場所で体温が違う?

体の部位によって体温は違います

体温の高い順に直腸→鼓膜→舌下→わきで、体の内部の方が外部より高いです。

体の表面で比べると、おでこは発熱や体温変化に敏感に反応するのに対し、手首は外部変化の影響を受けやすいため、非接触式の体温計を使う場合、状況によっては大きな差が生じます。

予測式の体温計にも注意点があります。

予測式はその部位で測った場合の計算式を用いて体温が表示されるようになっているため、例えばわき式の体温計を使って舌下で測ると正確ではなくなります。

説明書に従って測定することが大切です。

1日の中でも体温は変化しているので、毎日同じ時間同じ状況で測定するように心がけるといいですね。

ベビーにはおでこタイプがおすすめ!

測ってみるとよくわかりますが、子供はじっとしていません

そのため、わきで測るタイプを使いたい場合は先端がやわらかく曲がるタイプがいいですよ!

平均15秒での検温が可能です。

ただ、測定時に肌着を少し緩めるか、脱がせてわきを出す必要があります。

更に、寝返りができる頃には15秒もわきに挟むというのがだんだん大変になってきました。

「じっとしててね」など言うことを聞ける年齢ならとてもいいと思いますが、0歳児に使う場合はおすすめしません。

非接触式の体温計の中でも耳で測定するタイプは正確に測れない問題が発生。

1秒で測れるとはいえ、鼓膜に向かって正しい向きで構えるのが難しかったです。

結局、おでこで測るタイプが一番負担なく、正確に測れました

くおれび妻
くおれび妻

保育園に通い始めると

忙しい朝でも瞬時に測れるのが

ありがたい!

おでこで測れる 非接触タイプのおすすめ

シチズン「CTD711」

てのひらにすっぽりおさまるサイズ

特徴

  • 室温、物体表面温度、おでこ、耳の4つの測定モード搭載
  • 1秒で検温が可能
  • バックライトもあるので、暗闇でも測定可能
  • 9回分のメモリー機能
  • 1分後にはオートパワーオフ
  • 電池はCR2032を1つ使用

おでこや耳で測れるのも魅力的ですが、料理でも使えるというのも魅力的です。

本体は握りやすく、実際に一瞬で測れるので大人が使うにはとても使いやすいです。

一方、耳で測る場合は鼓膜の温度を測る必要があるため、本体の向きを正確に向けなくてはなりません。

正直、慣れるまでは何回測定しました

誤差はどのくらい?

実際に非接触式の体温計と予測式の体温計でおでこ、耳、わきで同時に測定してみました。

そこまで大きな差はないんですね。問題なく使えそうです。

まとめ

体温計はどの部位で測るかによって結果が変わってきます。

毎日同じ状態で測り、異常がないかを知る目安にすることが大切ですね。

誰が使うか、予算はどのくらいかをもとに最適な体温計を購入してください!

健康
スポンサーリンク
くおれびをフォローする
くおれび
タイトルとURLをコピーしました