出産後の足のむくみや悪露などの体験談!産褥期は安静に過ごそう!

出産後の悩みと解決方法

無事に赤ちゃんが産まれ、いざ出産直後から始まる子育ては何もかもがひっくり返るほど慌ただしいです。

赤ちゃんに気を取られがちですが、出産後のお母さんの変化に関しても気を遣いたいものです。

そこで、出産後1か月を経過する中で私に起こった様々な変化とその解決方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

出産直後に倒れる

無痛分娩にて出産し、麻酔が抜けるまでの2時間をLDRで過ごし、いざ部屋に戻るために車いすへ移動したところ、失神を起こして倒れました。

あまり記憶がないのですがそのまま数時間横になり休むことに…。

翌朝も少しふらついていたのでしばらく休ませてもらいました。

その話を知人にしたところ、知人も同じく倒れたとのこと。
出産で血圧が下がったとか多分そういうのかなと思います。

歩くと切ったところが痛い…

会陰が2センチほど裂けたので縫ってもらいましたが、痛い…。さらにベッドに座ると痛い…。

手術や縫うというのが初めてだったので他の傷の場合はどうなのかわかりませんが、私の場合はその部分が腫れていてそれが当たると痛いという感じでした。

出産から3日目には歩いても痛くなくなり、腫れは2週間ほどでなくなりました。
それと同時に違和感は残っているものの痛みもほぼなくなりました。

ドーナツ(円座)クッションは欠かせません

腰痛が発生

出産時に腰が痛くなったまま戻っていない感じです。
元々腰痛持ちなので悪化したのかもしれません。

骨盤ベルト

ワコールの骨盤ベルトを巻き始めてからは腰痛が軽減されました。お腹のところで軽く締め、両脇をきつく締める2重タイプですが、つけやすくてしっかりと効果があった印象です。

腰かけると少し上にずれますが、巻き直せばいいのでとても使いやすかったです。

こちらは産後直後から2ヶ月程度まで使用。

整体ショーツ

整体ショーツNeo+
整体ショーツを購入

産後しばらくすると活動量が増え、ベルトタイプの着け外しが少々面倒に感じ始めたので、パンツタイプにシフトしました。

整体ショーツneoプラスを使用しましたが履くと自然と姿勢が正され、とてもよかったです!

NHKでも紹介されたことがあるそうで、締め付け感がなく、肌触りもいいので続けられそうです。

胸が張る

出産翌日から毎日数時間おきに母乳をあげるのですが、出産から4日目の段階で母乳は右10分・左10分でも8mlしか出ていない状況でした。

しかし5日目からぽたぽたと垂れるように…!!母乳パッドが欠かせなくなりました

母乳パッド

母乳パッドはいろんな試供品を試しましたが特に違いがわからなかったので結局価格重視で西松屋のスマートエンジェルを使っています。ピジョンのプレミアムケアが人気のようです。

胸の張りには搾乳機

6日目~10日目くらいまでは毎日胸がパンパンに張ってしまい、とんでもなく痛かったです。

寝ている間に張ることが多く、朝起きたら搾乳をするという方法で痛みは軽減されました。

搾乳機はピジョンの手動のものを使いました。
購入前は手動だと手が疲れるかも??と心配しましたが、そこまで長時間使うものでもないので疲れたことはないです。哺乳瓶も付いてくるのでコスパもいいと思います。

乳首の激痛

同じく母乳に関するトラブルは乳首の痛みです。

出産2日後から痛くて仕方なく、ピュアレーン100というクリームを塗って対応しました。

ちょっと血がにじんで痛い時でも授乳後にこれを塗っておくと次の授乳の時には少し回復しています。
この回復スピードには初め驚きました。

天然ラノリンという羊毛から抽出した羊毛脂だそうですが、拭き取らずに授乳できるのが便利です。
3時間おきに授乳なのにいちいち拭き取るのもストレスですから…。

痛みは母乳のあげ方に問題があるのかと自分を責めがちですが、助産師さん曰く赤ちゃんも不器用だから発生してしまうとのこと。

出産一か月後にはピュアレーンを塗らなくても痛くなくなり、1本使い切りませんでした。
スキンケアとしても使えるそうです。

突然の微熱と悪寒

出産10日目の夜中、授乳を終えてから寝かしつけ、布団に入ると突然の悪寒に襲われました。

歯ががたがた言うほど震え、でもとにかく眠くて結局眠ったのですが、次の日には微熱がありました。

産褥熱だったのか、原因はよくわからないのですが長めに睡眠を取らせてもらったところ回復しました。

精神が不安定

出産の次の日は倒れた後で体がふらふらしているだけでなく運動会のあとのような全身の疲れがあり、そこへなぜ泣いているのかわからない・全然寝てくれない赤ちゃんのお世話が入り、正直助けて!!!とつらかったです。

でも助産師さんの助けや夫との電話により、次の日からは頑張ろう!と気持ちを切り替えることができました。

退院後は夫が育休を取っており、家事や赤ちゃんの面倒をみてくれているおかげか、精神はかなり良好でした。

しかし、ちょっとしたトラブル(例えばウンチがおむつから漏れたなど)が発生するたびに自分を責めてなぜか涙が止まらなかったです。

今考えると、夫のサポートがなかったら産後うつになっていてもおかしくなかったと思います。

(…ちなみに、おむつは背中漏れ防止が付いているのがおすすめです。)

足のむくみで足の甲が痛い

臨月に入ってから少し足がむくむようになっていましたが、出産した次の日からさらにむくみが発生!今までで経験したことがないくらい足がパンパンでした。

あいにく入院グッズの中に着圧ソックスを持ち合わせていなかったのですが、温めると良いと助産師さんに聞いたのでたまたま持って行っていた「めぐりズムの蒸気でじんわり足シート」をくるぶしあたりに貼って寝るときは足を少し高くして過ごしたところ、退院時にはかなり軽くなりました。

退院後は早速着圧ソックスを購入。
口コミを見てメディウォークを買ってみましたが、数日でほぼむくみは解消されました。

着圧ソックスの効果は抜群です。
一時はむくみすぎて足の甲が痛くなったので早めに対処した方がいいと思いました。

長引く悪露

一般的には1週間程度で褐色に変化し、10日ころから黄色くなり、一か月くらいでなくなるそうですが、私の場合は悪露が止まらない!2週間検診の段階でまだまだ血の塊がドロッと出ている状態。

一か月検診の時でさえまだ血が出ていました。
診察の結果、子宮に卵膜が少し残っているとのこと。
これは自然に出てくれば問題ないのですが、血液を巻き込んでポリープが発生するという厄介な場合もあるそうで、さらに一か月後に再診となりました。

産後は安静にしておかないといつまでも血液が止まらないとも聞きました。

生活を振り返ってみるとじっとしていられない性格なので比較的動き回っており、決して安静にはしていなかったなぁと反省。

結局出産から6週ほどでかなりおさまりました。

赤ちゃんの抱っこで腱鞘炎…

いざ育児が始まり、泣いている赤ちゃんの抱っこ、おむつ替え、授乳時に首を支えるという動作を頑張ってした結果、右利きの私は右手首が腱鞘炎になりました。

手をパーに広げるだけでも激痛。
抱っこどころか生活にも支障が出てしまいました。

左手でカバーしていたところ、今度は左手首が痛くなってしまい…。

どうしようもなかったので右手首に湿布を貼っていたのですが、おむつ替えや授乳時に手を洗うので、湿布が濡れてしまいます。

そこでサポーターを巻きました。
お世話をするときにだけサポーターを巻くことで痛みが軽減され、着脱しやすいので手洗いが簡単にできてとても便利でした。

少し残念な点はマジックテープがしっかりしているので、赤ちゃんを寝かしつけた後に外そうとするとその音で目覚めてしまうこと!…ですが、別の部屋に移動して外すことで解決しました。

できていないと思っていたところに妊娠線の痕が…!

お腹回りは妊娠線がないと思っていましたが、いざ出産を終えてお腹が引っ込んでくると1センチ程度の紫の妊娠線が数本現れました

どうやら妊娠線があったけど短かったので気付かなかったようです。

目立たないけどやっぱり気になるということで、妊娠中から使っている無印良品のスウィートアーモンドオイルを引き続き塗ることにしました。

劇的な改善はありませんが、一時期よりは薄くなってきた気がします。

まとめ

目まぐるしい生活の始まりで目を向けるのを忘れがちですが、出産で身も心も疲れ果てています。

疲れが蓄積されてしまいますので早め早めにケアしてくださいね。

出産&子育て
スポンサーリンク
くおれびをフォローする
くおれび
タイトルとURLをコピーしました