妊娠糖尿病で入院…不安な毎日~出産後もひっかからないために~

ninshintonyo

今まで何一つ引っかかったことがなかった私が27週目の検査で妊娠糖尿病と診断され入院することになってしまいました。今回は入院から退院後の生活についてです。

診断されるまでの話はこちら

スポンサーリンク

妊娠糖尿病による入院 ~準備~

私の通っている病院ではまずは2泊3日の入院をします。

2日目に朝から寝る前まで7回血糖値測定を行い、その結果がよくない場合はインスリン投与となるためトータルで6泊7日の入院となります。
つまり何日分の入院グッズを用意すればいいのか明確には決まっていません。

入院まで準備をする時間があまりない状態だったのですが、マタニティ用の下着は出産まで残り3か月だから…とそこまで潤沢に持ち合わせていませんでした。
普段ならば親を頼ることもできるのですが、新型コロナウイルスの影響により面会NG。
そうなると少々実家が離れているため、会えないのにわざわざ洗濯物のために何度も来てもらうわけにもなぁ…と思い、結局2泊分のタオルやパジャマ、下着は4日分持っていくことにしました。
足りなかったらタオルやパジャマはレンタルする予定で、下着は洗えるように洗剤を持参です。

シャンプーリンスなどのアメニティにプラスして忘れてはいけないのが妊娠線予防対策。
普段使っているクリームは荷物がかさばりそうだったので無印良品のオイルにしました。
これならお腹だけでなく、顔や髪の毛にも塗ることができるのでマルチに活躍する一品です。

入院当日は日曜だったため夫が付き添ってくれましたが、退院は一人かもしれないのでスーツケースで行きました

妊娠糖尿病による入院 ~初日~

1日目から血糖値測定と分割食がスタートです。また、毎日血圧と心音検査があります。

血糖値測定

妊娠糖尿病と診断されてしまったため、これから出産までは毎日自分で血糖値を測定しなくてはなりません。

まずはエタノールでよく手指を清潔にし、程よく乾いたら機械に試験紙をセット。
針で指の先をプスッとさし、血液を試験紙につけたら終わりです。

針でさすと聞くと痛そうですが、輪ゴムではじかれた時の方が痛いかな?というくらいですし、エタノールでふき取るとすでに血液は止まっていました。

この一式も持ち帰りなのでやはりスーツケースできたのは正解でした。
ちなみにこちらのセットは通販でも手に入ります。

ninshintonyo
妊娠糖尿病の検査キット

分割食

分割食とは食べるべき食事量を2/3に減らし、食後2時間経った頃に残りの1/3を食べます。
そうすることで血糖値の急増を抑えるとのこと。

また、どの時間帯も炭水化物を食べます。
私の場合は毎食お米なら140g、6枚切りの食パンなら2枚食べます。

出てきた晩御飯を見てびっくり。少ないのかと思いきや完食したら満腹です。
夜の間食はソイジョイと牧場の朝というヨーグルトでした。

soyjoy
SOYJOYが出てきた…!!

妊娠糖尿病による入院 ~2日目~

朝食前、朝食2時間後、昼食前、昼食2時間後、夕飯前、夕飯2時間後、夜のおやつ(分割食)2時間後の計7回、血液を採ります。この日は自分での血糖値測定はなしです。

この7回の検査では食前血糖値が100mg/dlを超えていないか、食後2時間の血糖値が120mg/dlを超えていないか、HbA1cは正常かを見ているようで、これが越えるとインスリン投与決定です。
最後の血液検査が22時なので入院延長かどうかは翌朝9時ころに判断されるそうです。

栄養指導

食品変換表を使って朝・昼・夕と間食はそれぞれどんな食品をどのくらい食べたらいいのかの講義を聞きます。
新型コロナウイルスの影響ですが、一対一で教えてもらえたので細かな質問までできました。

例えば、お菓子は食べちゃダメ…というイメージがありましたが、クラッカーやプリッツも30gまでなら間食で食べることはOKです。甘栗だってOKです。

ただし、それから食べると上がりやすいので野菜などから食べます
野菜にこだわらず、野菜ジュースやホットミルクも勧められました。
また、食パンはライ麦パンにする、お米は玄米を混ぜるだけでも吸収を抑えられるそうです。

妊娠糖尿病による入院 ~3日目~

朝食前と朝食2時間後に自分で血糖値測定です。
実は前日の夕食時に「昼食前の結果が高いので入院延長の可能性があります。これから糖尿内科の先生と相談します」と言われていたのでもはや入院延長のつもりでのんびりしていました。

9時ころに先生が来て「退院で大丈夫です。」と宣告されてびっくり!
詳しく聞いたところ、7回のうち2回も引っかかっていましたが、そこまで大幅に超えていたわけでないことと他の結果から退院ということに。

これから毎日1回は食後に血糖値を測定します。
また、次の検診は一週間くらい後となりました。

ちなみに今回の入院にかかった費用は35,000円程でした。

退院から10日後の検診

この間に120mg/dlを超えた日が2日あり、再入院になるかとびくびくしていたのですが、問題なしとのこと。

先生曰く、日本の基準は世界と比べてもとても厳しく、180mg/dlとかそれくらい超えない限りはとりあえず食事を頑張りすぎないでストレスなく過ごしてくださいと言われました。

確かに…退院してから食事を毎回のように計量していたし、食べたいものを我慢して過ごしていました。これはよくない…。

入院して感じたこと

入院し、栄養指導を受けてわかったことは食べなさ過ぎていたということです。
まず、炭水化物は朝ごはんの食パン以外特に食べていませんでしたし、おやつ時にお腹がすいても我慢して全然食べていませんでした。

食べなさ過ぎて血糖値が下がり、ご飯の度に血糖値急上昇が問題だったのかな?と思っています。
また、今回の入院では特に言われませんでしたが、最近在宅勤務の影響で全く運動していなかったのもよくなかったと思います。

退院後は今までの食事に炭水化物をプラス、間食をして空腹になりすぎない、毎日15~20分ウォーキングをするという生活になりました。全然無理せず過ごすことができています。
また、入院中は孤独との闘いでしたのでテレビやYouTubeが設備としてあれば使用し、なければ電子書籍を持っていくことをお勧めします。

出産後の糖負荷検査

私の病院では出産から12週目に75g糖負荷検査を行いました。

今回は空腹時とトラーレンを飲んだ後2時間後の2回の血液検査。

結果は問題なしですが、定期的に血液検査を受けましょう…という診断でした。

さすがに分割食はしていませんが、これからも血糖値がひっかからないためにも空腹になりすぎない&糖質を取りすぎないように気を付けて生活していこうと思います。

まとめ

妊娠糖尿病と聞くと甘いものをたくさん食べている人、体重増加の激しい人、食のバランスが崩れている人というイメージがある方も多いかと思いますが、私のようにやせ型で野菜をたくさん食べていたのに空腹すぎてなったのかもしれないパターンもあります。

他人事と思わずにできるところから気を付けていきたいですね!

タイトルとURLをコピーしました