低糖質ラカントSとは?安全性や甘さ&amazonやスーパーの情報

lakanto

糖質制限をしていても、やはり甘いものが食べたくなってしまう…

そんな時に出会ったカロリーゼロで安心の天然素材甘味料ラカントSについて、砂糖との味の比較やチーズケーキを作ってみた感想をご紹介します。

スポンサーリンク

ラカントSとは?

羅漢果」という果物のエキスと「トウモロコシ」の発酵から得られる甘味成分「エリスリトール」という天然素材からつくられた甘味料で、サラヤ株式会社が製造しています。

ラカントSは、大さじ1杯あたりのロカボ糖質が0gで、体内で利用される糖質がほとんど含まれていないとのことです。

また、甘さは普通の砂糖と同じに調整されているため、面倒な計算が不要で、砂糖と同量に置き換えて使うことができ、料理などにも使いやすくなっています。

なお、主成分の「エリスリトール」は、様々な試験が実施されており、安全性も証明されているとのことです。ただし、大量摂取は避けるようにして、健康に不安のある方は、病院の指示に従いましょう。

「ロカボ糖質」とは?

食品には、炭水化物(糖質+食物繊維)の表示義務はあるものの糖質の表示義務がなく、カロリー0の甘味料についても炭水化物に含めて表示されていることから、人間がエネルギーとして利用することができる利用可能炭水化物を基に算出したものをロカボ糖質として定義しているそうです。

back
パッケージ裏面の表示

羅漢果(ラカンカ)とは?

中国原産のウリ科のツル植物で、水墨画のような景色で有名な桂林という場所でのみ得られる果物です。

生での国外持ち出しが制限されており、日本では乾燥したものやエキスのみしか入手できないそうです。また、高純度エキスの場合、砂糖の約300倍の甘さがあるにも関わらず、血糖値やインスリン分泌に影響がないそうです。

サラヤ株式会社とは?

1952年創業の医薬品、食品、消毒剤や洗浄剤などを製造する化学・日用品メーカーで、代表的な製品としてヤシノミ洗剤を製造しています。

普通のお砂糖と比較!

上白糖と見た目や食感、味を比較してみました!

hikaku
左がラカントS、右が上白糖

上白糖

粒子に少し角を感じ、優しい甘さをあとから感じ、水に溶けやすい印象です。

ラカントS

細かいザラメ状で、甘さがすぐ来て、少し芳ばしい香りがあり、上白糖よりは水に溶けにくい印象です。

また、色が茶色いため、白を際立たせるレシピには向かないかもしれません。

チーズケーキを作ってみました!

cheesecake
ラカントSで作ったチーズケーキ

ラカントのサイトのレシピを基にチーズケーキを作ってみました。

食べてみても砂糖を使ってないとはわからない出来で、味も美味しかったです。
このレシピだと酸味が少ないのでレモン汁を入れるとさらに美味しくなりそうです。

クセがほとんどないため、料理に使いやすいと思います!

どこで買えるの?

amazonなどの通販のほか、スーパーなどでも購入が可能で、私はマルエツで購入しました。

また、顆粒タイプ以外でにも、液状や固形タイプなど色々な種類が発売されています。

まとめ

糖質制限中でも、やっぱり甘いものが食べたい…

そんな時に砂糖の代わりにできるラカントSを使ってみたら、簡単に糖質コントロールができて非常に便利でした。

砂糖と比べると少し値ははりますが、糖質が気になっている方は、試してみてはいかがでしょうか?

健康
スポンサーリンク
くおれびをフォローする
くおれび
タイトルとURLをコピーしました