加湿器の選び方!気化式パナソニック長期間使用レビュー!

kashitsuki

冬から春にかけて気になるのは乾燥。特にマンションにお住まいだと一軒家以上に乾燥が気になりませんか?

室内での適切な湿度は40~60%です。これより少ないと皮膚が乾燥するだけでなくウイルスが活発化してしまいます。

また、花粉症の方はぜひ、湿度をコントロールすることをお勧めします。適切な湿度を保とうといざ加湿器を買おうと思ったら種類がいっぱい…。

どんな部分で選ぶといいのか、そして私が悩みに悩んで選んだパナソニックの加湿器のご紹介もします。

スポンサーリンク

加湿器ってどんな種類があるの?

加湿器は大きく分けて4種類あります。

スチーム式

ヒーターなどで加熱することでお湯を沸かし、温かい蒸気で加湿します。

鍋でお湯を沸かしているようなイメージです。

加湿力が高い。蒸気により水が殺菌される。

消費電力が高い。

熱い蒸気が出るので送風口のやけどに注意。

気化式

水に空気を送ることで加湿します。洗濯物に空気を当てているようなイメージです。

空気を当てるだけなので消費電力が抑えられる。

自然に近い蒸発なので加湿されすぎることが少ない。

フィルターの管理をしっかりしないとカビや雑菌のリスクが高くなる。

超音波式

超音波によって水の表面が弾け、噴出することで加湿します。

部屋に霧吹きで霧状の水を放出しているイメージです。

スチーム式よりは消費電力を抑えられる。

霧状に水が出るのでアロマをセットすることもできるタイプもあり。

心なしかおしゃれなデザインも多め。

カビや雑菌のリスクに備えてこまめな手入れが必要。

ハイブリッド式

ハイブリッドとは「複合」という意味で、スチーム式+気化式、スチーム式+超音波式があります。

それぞれの中間的な存在。

他よりも高価なものが多い。

自分に合った加湿器はどんなもの??

どこで使うか

部屋全体を加湿したいのか、デスク周りだけを加湿したいのかによって大きさが変わってきます。

「適用床面積」を確認しておきましょう。

また、部屋で使う場合はタンク容量の大きさが重要です。

小さいタンクだとあっという間に水がなくなるので給水回数が多くなりますが、大きいタンクだとその分場所を取ります。

寝室で使う場合は静音で済むよう、おやすみモードがあるとさらにいいですね。

誰が使うか

お子さんが使う場合はスチーム式だとやけどの心配をしなくてはいけません。

また、やんちゃなペットがいる家庭ではうっかりぶつかって倒してしまうと熱湯が危険です。

一方で掃除が嫌いなずぼらタイプにはこまめな掃除が必要な気化式や超音波式はお勧めしません。

プラスアルファの機能は必要か

リラックス効果を得たいならばアロマが使える超音波式がおすすめです。

また、空気清浄機と加湿器の一体型もあります。

ただ、一体型はたいてい大きなものになるので、部屋におけるかどうかをしっかり確認したほうがいいです。

他にもペットボトルをタンク代わりに使用できるものもあります。

これならばタンクの掃除の手間が省けますよ。

ただし、部屋に使うには小さいのでデスク周りでの使用が良いかと思います。

お手入れが楽すぎる!パナソニックの加湿器

kashitsuki
パナソニックのFE-KXT05

多くの加湿器を比較検討した結果、電気代が抑えられること、部屋の大きさからパナソニックのヒーターレス気化式加湿器にしました。

パナソニックの加湿器の特徴は

・比較的薄型ボディで熱が出ないので壁にぴったり置ける
おやすみモードがついている
省エネ(一日8時間使用しても電気代は50円/月程度)

という点です。

また、私が購入した加湿器には「ナノイー」がついており、空気をきれいにする、肌にうるおいを与えるといった機能があります。

また、長寿命加湿フィルター搭載なので、フィルターの交換は10年交換不要とのことです。

ランキングサイトでも気化式加湿器の上位はパナソニックが占めています。

良かった点

とにかく簡単なお手入れ!

これまで様々な加湿器を使用してきたのですが、ネックになってくるのはやはり「お手入れ」。

スチーム式でもカルキが付くし、結局どの加湿器タイプを使っても掃除はこまめにやるべきです。

気化式といえば円盤のようなフィルターが付いていて、それを中性洗剤に浸け置きするために大きめの桶が必要…というイメージがありますが、パナソニックは筒状の布のようなフィルターです。

このフィルターはやわらかいのでマフラーを手洗いするかのように簡単に押し洗いができます。

フィルターは一週間くらい連続で使用しているとだんだんにおいが気になってくることが多いので定期的な浸け置きが必要ですが、押し洗いをするだけでにおいが気になりませんし、そもそも簡単なので日々の押し洗いでも苦になりません。

メーカーのホームページだと月1回の洗剤不要の押し洗いでOKとのことです。

また、フィルター以外の部品に関しても煩雑で手が入らない…なんて構造がどこにもなく、軽くこするだけで十分です。

本体・フィルター・フィルターを固定する器具の3点の部品なのでとにかく手間がかかりません。

そして長寿命加湿フィルターとのこと!およそ10年は交換不要といわれると経済的で魅力的です。

filter
お手入れが簡単な長寿命フィルター

2年ほど使用していますが、フィルターは少し色が付いて硬くなったものの問題なく使えています。

大容量のタンク

4.2Lものタンクがついており、こまめに水を追加して…という手間が省けます。

さらにこのタンクは入れる向きが左右どちらでも入れられます。

いちいちどっちの向きだ??と確認しなくてもセットできるのでストレスフリーです。

おやすみモードがとにかく静か!

夜は寝室に移動させて使用しておりますが、おやすみモードなら全然音が気になりません

また、給水が必要になってもアラート音がならないので睡眠を妨げません。

切タイマーもついているので快適です。

湿度メーターが正確

本体には光でだいたいの湿度を知らせてくれるメーターが付いており、こちらのメーターが結構正確です。

あまりに湿度が低い時ととても高い時は赤いランプが付き、一目で危機感を知らせてくれるので便利だなぁと思っています。

惜しい点

前面透明パネルの隙間にほこりがたまる

前面部分は透明のパネルがついており、デザインがかっこいいのですが、若干本体との間に隙間があり、ここにしばらくするとほこりがたまってしまいます…。

なぜ隙間を作ったのか聞きたいところですが、一応このパネルを外すことができるので定期的に拭きあげれば問題ありません。

湿度メーター以外のランプを消せない

寝室に持っていき、おやすみモードにするとやや湿度メーターが暗くなります。気になる場合は消灯することもできます。

しかし、それ以外の「今どのモードなのか」や「ナノイー稼働中なのか」などの設定部分に関しては電気が常についています。

そこまでやはり真っ暗な部屋だと少々の明かりも気になるので、上からマスキングテープを貼って光を防いでいます。

こちらに関してももう少しくらい設定があったらありがたいなぁと思います。

こまめに移動させるためには作られていない

リビングと隣の部屋の中間に置き、使いたい部屋に都度移動させているのですが、本体のどこにも持てる部分がありません。

普通は置き場所を固定するのでしょうが、梅雨の時期から夏場まで使用しないときに仕舞うにも移動させるのが不便…。

下から持ち上げるのが正しい使い方なんでしょうね。

結局、脚の部分に家具を滑らせるシートを貼り、押して移動させてます。

こちらの「カグスベール」はダイニングの椅子などにも使えてすごく便利ですよ!

まとめ

部屋の湿度を感知して自動で調整してくれるため、窓が結露で悩まされることは今のところありません。

また、使用してからは夜のどが痛い…という乾燥による被害にも悩まなくなり、快適な室内環境で暮らすことができています。

本当に生活に湿度って大事なんだなぁと実感しています。

自宅時間が多い今だからこそ、湿度に注目してみませんか??

暮らし
スポンサーリンク
くおれびをフォローする
くおれび
タイトルとURLをコピーしました