花粉症対策!スギ,ヒノキ,ブタクサ,カモガヤ等アレルギー検査も!

冬が終わり、春が来るとぽかぽかしてきたな、気持ちいいなぁ、目がかゆいなぁ…!?という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「いや、私は花粉症ではない」と認めない方も私の周りにはたくさんいるのですが、その強がりはいつか後悔へとつながるかもしれません。
花粉症に対して何もしていないと新型コロナウイルスやインフルエンザの感染リスクも高くなってしまうのはご存じでしょうか!?

花粉症を25年間放置した(認めなかった)結果、重症化してしまった私の経験を交えながら私なりの花粉症との戦い方をお教えします。

スポンサーリンク

花粉症とは?

花粉症とは花粉を吸い込んだりすることで「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」等の風邪のような症状を引き起こすアレルギー性鼻炎のひとつです。
よく春先に話題になる花粉症はスギ花粉で、日本人の26%はスギ花粉患者ともいわれていますが、病院にかかっていない人も含めればもっといるともいわれています。

鼻から吸い込まれた花粉が鼻などの粘膜でアレルギー反応を起こすことで様々な症状が現れます。
つまり、花粉症とはそばアレルギーなどと同じ「アレルギー性疾患」です。
人間には外部から侵入した異物(抗原)を排除しようとする働きがあり、ウイルスは抗原と認識されることで体が守られ病気を防いでいますが、無害な異物に対してもこの排除機能が働いてしまうのがアレルギーです。

花粉症の症状

これは本当に人それぞれです。
くしゃみ、鼻水、目のかゆみや耳のかゆみがよく聞く症状ではないでしょうか?ほかにも鼻水がのどに絡むことで出る咳、のどの痛み、発熱、頭がぼーっとする、皮膚が赤くなる…など本当にいろいろな症状ですが、ウイルスを攻撃してしまうのと同様に花粉を攻撃してしまうから風邪のような症状全般が出てしまうのですね。
日頃から自分が花粉症かどうか、どんな花粉症の症状があるのかを知っておくと風邪と見分けることができていいですね。

ちなみに現在の私の症状はくしゃみ、鼻水、粘膜という粘膜のかゆみ、のどのイガイガ、皮膚が赤くなる、肌荒れが主な症状です。
実は2歳の時から花粉症で、このころは発熱もしていたそうです。当時は「花粉症」という言葉がなじみなかった時代なので「春先になると免疫力が弱まるアレルギーですかねぇ…??」と病院から言われていたそうです。

主な花粉症の種類

有名なのはスギ、ヒノキ(ヒノキ科)ですが、ほかにもシラカンバのようなカバノキ科、カモガヤのようなイネ科、ブタクサのようなキク科なども花粉症の元になります。

そうです、花粉症には1年中なる可能性がありますよ!
ちなみに私は上に挙げたすべてのアレルギーを持っているので、いわゆる年中花粉症です。
まさか自分が年中花粉症だと思っていなかったのでてっきりハウスダストのアレルギーでもあるのかと思っていました。

アレルギー検査のすすめ

自分が花粉症だろうと思いながらも認めてこなかったのですがある日、市販薬を飲んだらとても楽だったのでとうとう病院に行き、まずはお試しでハウスダスト、スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサの5種を数千円で受けました。

結果はハウスダスト以外の4つに関して反応あり。
洋服の衣替えをするときにくしゃみが出るからハウスダストでもあるのかと思っていたら、年中の花粉症だったのですね…。反応ありということで薬を処方されました。

その後、花粉症の治療のために別の病院に転院したのですが、そこで「View 39」という検査を受けました。
一度の少量の採決で39種類のアレルギー検査ができます。費用は保険適用で4000~5000円だったと記憶しています。
この検査を受けてわかったことは間違いなく年中の花粉症であるということ(先ほど挙げた4種はばっちり反応あり)、そしてそれ以外に対するアレルギー反応がなかったということです。

バナナを食べると激しい腹痛を起こすようになっていたのでてっきりバナナアレルギーもあるのかと思っていたのに反応なし。そのことをお医者さんに聞いてみたところ、カモガヤが反応しているのでPFS(花粉関連食物アレルギー症候群)でしょうと言われました。

花粉症が引き起こす別のアレルギー症状

PFS(花粉関連食物アレルギー症候群)をご存じですか?
ある特定の野菜や果物を食べた時に唇や口の中、のどがイガイガ・かゆみ・違和感があったことはないでしょうか?
アレルギー反応のある花粉症と原因物質が似た物質が含まれている食べ物を食べることで症状が出るのです。

生の状態で食べると症状が出るのに、加熱などで加工されていると症状が出なくなるのが特徴です。
大人になってから発症する人も多いので、大人の食物アレルギーとしても知られています。

つまり、私は花粉症を放置したことによりブタクサの花粉症がひどくなり、バナナを食べるとアレルギー反応が出てしまったということです。あぁ、バナナ大好きなのに…。

検査の結果…値が振り切れていた!!

私の結果を見て、お医者さんが驚いていました。
一年中花粉症というのは特に珍しいわけではないそうですが、スギ花粉の結果が振り切れていたのです。いわゆる測定不能。

result
アレルギー検査の結果

アレルギーの検査は血液の「IgE抗体」があるかどうかを調べ、その抗体値ごとに0~6のクラス分けをします。簡単に言うとどのくらいの抗体が反応するかの検査をしています。
このクラスは病院にもよると思いますが、0~1なら反応なし、2は怪しい、3~4は反応あり、5~6は間違いなく反応ありという感じです。

ただ、クラス2でもアナフィラキーショックを起こすこともあれば、クラス4でも症状が起こらない場合もあります。あくまでも目安ですね。
私の場合、スギ→クラス6以上(測定不能)、ヒノキ→クラス4、ブタクサ→3、カモガヤ→2でした。

花粉症を放置することは悪いことばかり!

花粉症を放っておいて、薬などを飲まないと粘膜が炎症するそうです。そこに花粉が付着、さらにひどく炎症を起こしバリア機能が弱くなり、症状が起こる…の繰り返しです。
どんどん攻撃され続けるので、炎症が起こる前(花粉が飛び始める前)に薬を飲むのがポイントとのことです。放置すればするほど年々ひどくなってしまうこともあります。

ここまでは花粉症だけの話ですが、その炎症してバリア機能が低下している粘膜にウイルスや細菌が付着すると侵入しやすくなり、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなってしまうのです!

他にも目がかゆいな~と目をかいてしまうことで感染症リスクが上がる、感染症の陽性だけど無症状の人が花粉症によりくしゃみをすることで感染を広げてしまうというリスクもあります。
花粉症への対策は新型コロナウイルス対策にもつながっているのですね。

舌下免疫治療を受けてみた!

さて、花粉症だと認めた私ですが、本格的にスギ花粉を治療することにしました。

選んだ治療は「舌下(ぜっか)免疫治療」です。
治療薬を舌の下に置き、定められた時間保持したあと、飲み込みます。その後5分間は飲食を控えます。これを毎日続けることで、「スギ花粉は体に害がないよ!」と慣れさせる治療法なのですが、臨床試験では3~5年続けて80%の人が効果ありとのことです。

始めるには最適な時期があり、6月~12月までに病院に行かないと始めることができません。
また、妊娠中から始めることができません。ただし、妊娠前から始めている場合は継続することができます。詳しくはお近くの病院に問い合わせてみてください。

さて、治療から丸3年経つのですが、スギ花粉クラス6の私の効果はどうかというと…今のところクラス6のままです!全然解消されていない…。
とはいえ、もともとの数値が振り切れてしまっているため、もしかしたら多少は改善されているけどまだ見えないレベルなのかもしれません。
また効果が現れたらご報告させていただきます。

私のおすすめ花粉症グッズ

スギを盛られたら死ぬかもしれないとびくびくしているほど重度の花粉症である私が愛用しているグッズの一部を紹介します。

部屋干し用柔軟剤

花粉症の時期、外に洗濯物を出すのは花粉を呼び込んでいるようなもの。
この時期はどうしても部屋干しに頼ることになるのですが、部屋干しといえば独特な臭いが…。
それを解決してくれるのが「ハミングファイン部屋干しEXフレッシュサボンの香り」です。
香りでごまかすわけではなく、悪臭の発生を抑えてくれている気がします。

humming
生乾き臭専用ハミング

花粉に特化したBBクリーム

花粉により顔が赤く、敏感になってしまう私ですが、「資生堂のdプログラム アレルバリアエッセンスBB」を化粧下地として愛用しています。

もともと敏感肌なのですが、dプログラムは敏感肌にも優しいうえに、私の場合、このアレルバリアエッセンスBBを使った方が花粉由来の肌荒れや赤みが減りました。
ただ、BBクリームをつけたままだと表面に花粉を引き寄せてしまいそうなので、さらに軽くフェイスパウダーをつけています。

花粉やウイルスまでブロックするスプレー

以前、ファブリーズのような大きさの花粉ガードスプレーを愛用していましたが、ある日どこを探しても手に入らなくなりました。

そんなときに出会ったのが資生堂の「IHADA アレルスクリーン EX」というスプレーです。
メイクの上からも使用できるので玄関に置いておき、家を出る直前に顔や髪にスプレーしています。
効果がある気がしています。

空気清浄機

今では空気清浄機のない生活なんて考えれらません!
外出先から戻ってきたらエアコンよりも先にとりあえずスイッチを入れるほどです。

電源を入れて10分くらいでかなり楽になります。
また、基本はこの時期には部屋干しですが、天気のいい日は洗濯物を外に干したくなりますよね…。
しかし、花粉は洗濯物についてしまうのです。
よくはたいてもなかなか落ちない花粉…そんな時は空気清浄機を洗濯物の下で1時間稼働させると全然違います!やはり部屋干しが一番ですけどね…。

また、花粉症のひどい方ならわかると思いますが、睡眠中に鼻水が詰まって目が覚めることがありませんか?結構この時期は睡眠が浅くなってしまいます。
そんな時に寝室で空気清浄機を使用していますが、鼻詰まりはいつも軽減されている気がします。

新型コロナウイルスの影響で1時間に1回の換気が推奨されている今こそ、空気清浄機はなおさら活用したいですね!

ちなみに空気清浄機は価格がピンキリです。部屋にあった大きさを選びましょう。
個人的には部屋よりもやや大きめのものを選んだ方が空気清浄機がフル稼働しなくて済みます(フル稼働は程よく音がしますので)。
また、花粉を取り除くのか、それともウイルスまで除去してくれるかでも価格は変わってきます。
あとはフィルター掃除などお手入れが簡単かどうかもしっかりチェックしてくださいね!

まとめ

いかがでしょうか。花粉症ではないと強がって何も対応しないことは本当にいいことがありません。
また、花粉症に限らず自分のアレルギーを把握しておくことは、万が一の時に自分を守ることにつながるのでぜひ一度検査をすることをお勧めします。

アレルギーを発症・重症化してからは遅いのです。
後悔しないためにも一度病院に足を運んでみてくださいね。

健康
スポンサーリンク
くおれびをフォローする
くおれび
タイトルとURLをコピーしました