アプリでタクシーを配車・決済可能な「GO」を利用!クーポンも!

go

いざタクシーに乗ろうと思ったときに、並んでいたり、中々捕まらなかったり、みなさんもそんな経験をしたことがあるんではないでしょうか?

そんな場面に備えて、タクシーをいつでも呼べる状態にしておいてはいかがでしょうか?

私自身も、臨月の際、いつ起こるかわからない陣痛や破水に備えてタクシーをいつでも呼べる状態にしておけるようにタクシーアプリをインストールしていました。

実際、赤ちゃんが産まれてからの退院・検診で活用した「タクシーGO」がお得で便利だったのでご紹介します!

スポンサーリンク

タクシー配車アプリとは

アプリからタクシーを呼び、そのアプリ内で決済まで可能なサービスのことでUber TaxiやDiDiなどが有名ですね。

運転手さんに伝えなくても事前にアプリから行先を指定することもできますし、領収書もアプリからダウンロードできるので急いでいる際にはとても便利です。

今回はテレビCMでも見かける機会が増え、主要アプリとも言えるTAXI「GO」についてご紹介します。

アプリTAXI「GO」について

MOVとJapanTaxiが合併したサービスです。他の配車アプリに比べると首都圏だけでなく比較的広い範囲を網羅してくれています。

こちらのアプリの便利だと思ったのは

  • 行き先や自宅を登録できるので呼び出しには慌てなくて済む
  • クレジットカードを登録しておけば車内での決済が不要
  • 領収書もアプリからダウンロード可能

という点です。

また、新規ダウンロード特典等としてクーポンもあります!

ただ、クーポンの有効期限が30日なので確実にクーポンを使うつもりなら使う間際のダウンロードがおすすめです。

妊娠時や赤ちゃん連れは特におすすめ!

電車やバスでしか移動せず、タクシーなんて使ったことがあまりなかった私。

車が必要な時はカーシェアやレンタカーでどうにでもなっていたため、タクシーなんて縁がないと思っていました。

しかし、妊娠した際に「家に一人でいるときに急な破水や陣痛が来た場合は病院に行く手段がタクシーしかないじゃないか!」と思い、調べたところ陣痛タクシーの対象エリアに住んでいなかったため、アプリをダウンロードしました。

結局、計画分娩日まで陣痛など起きなかったので入院当日は電車で行きましたが、退院時に病院から自宅までタクシーを使用しました。

出産後の退院時はタクシーがダントツおすすめです!

タクシーであればベビーシートも不要ですし、自分の入院の荷物だけでなく、病院からもらったおむつやおしりふきなど大量の荷物に加え、首のすわっていない新生児を抱っこして帰らなくてはいけないのでプロが安全運転で自宅まで連れて行ってくれるというのは大変ありがたいと思いました。

また、タクシーアプリが特に便利だったのはクレジットカードを登録しておけばアプリ決済が可能なので車内でお金を払う必要がないという点です。

赤ちゃんを抱っこしたまま財布を出すなんてとても手間ですからね…。

GOアプリの使い方

GOアプリ
  1. まずはアプリをダウンロードします。
  2. ユーザー登録をします(電話番号や名前を登録)
  3. 一応ここまでやればタクシーには乗れますが、便利機能をフルで活用するために次の設定もしましょう。
  4. クレジットカードを登録をします。アプリ決済(GO Pay)を使用する場合は必須です。
  5. よく乗る場所、目的地を登録しておきます。

ここまでやっておけば1分程度でタクシーを配車&目的地に着いたら車内決済せずに降車可能です!

お得に乗車したい…クーポンもあります!

新規ダウンロード特典として500円オフクーポンがもらえますが、クーポン使用時の注意は次の2点です。

  • 流しのタクシーでも対応していればGO Payは使用可能ですが、クーポンは使えません。クーポンを使用する場合はアプリから配車することが条件です。
  • アプリからの配車は送迎料金が加算されます。だいたい400円程度の加算です。ということは500円オフクーポンだと送迎料金割引程度ですね…。

さらに、なんと1,000円×2枚も貰えるお友達紹介クーポンというものもあります!

1,000円×2枚のクーポンコード

mf-zae5dj


こちらのクーポンはアプリダウンロードから乗車するまでに登録が必要でやはり有効期限は30日です。

ちなみに、自分自身はネット上のクーポンは怪しいのでは?とか思ってしまうタイプなんですが、こちらに関しては、知らない人の紹介コードを使ったとしても相手に何か情報が行くわけではないので安心して使っていただけると思います。

まとめ

妊娠・出産に特におすすめのタクシーアプリGOですが、お子さんが一人で乗らなきゃいけない…なんてシーンでもアプリ決済は便利に使えそうです。

ぜひ、生活にタクシーアプリを取り入れてみてください!

暮らし
スポンサーリンク
くおれびをフォローする
くおれび
タイトルとURLをコピーしました