男性育休を検討!上司への報告や取得期間の悩み…おすすめは半年!

danseiikukyu

育児は夫婦両方でするもんでしょ!と思っていましたので、子どもができたら育休を取得したいと考えていました。

そんな中、第1子を授かったため、妻の希望も聞いて半年間の取得を決意しました。

そうはいっても職場にどう伝えるか、どのくらいの期間取得するのがいいのか悩みましたので、どんな検討をしたのかお伝えします。

スポンサーリンク

まずは妻の妊娠の報告でジャブを打つ!

人事のことなどを考えると早めに伝えておくことが大切だと思い、安定期前でしたが、上司には妊娠と1ヶ月以上の育休取得の意向を伝えました。

上司の反応としては、男性の育休も増えてきており、推進していかなければいけない状況ということもあったため、比較的寛容に受け入れてもらえそうな感じでした。

(実際はどう思っているのかわかりませんが、否定したらハラスメントになってしまいますからね…)

取得期間の検討

1か月以上は取る!

ということは伝えましたが、この時点ではどのくらい取得すべきかはまだ検討中でした。

その後、色々なことを調べ、次のようなことを考慮して取得期間を決定しました。

育児休業給付金から考える

勤務されている方は通常、子どもが1歳になるまでの間、育休を取る際には給付金が出ます。

育児休業給付金は、原則次のとおりの計算で算出されます。(金額の制限等あります。)

[休業開始前の6ヶ月の賃金※を180で割った金額]×[支給日数の67%(181日目以降50%)]

※ここでの賃金には、残業代や交通費、手当も含まれます!(ボーナスは含まれません。)

およそ半年の180日という期間であれば、この賃金の67%の給付金が出ます。

また、社会保険料の免除がありますので、手取り給与のおおよそ80%程度は確保されます。

みなさんが思っているより給付金が出ますよね!?

そう、普段から高い社会保険料を払っているんですから、この制度を使わない手はないのです!

育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメンプロジェクト
イクメンとは、子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のこと。または、将来そんな人生を送ろうと考えている男性のこと。イクメンがもっと多くなれば、妻である女性の生き方が、子どもたちの可能性が、家族のあり方が大きく変わっていくはず。そして社会全体も、もっと豊かに成長していくはずです。

子育ての面から考える

特に生後3か月までは、頻繁な授乳や睡眠サイクルが定まらず、寝不足がちになるなど大変なようです。

4~6か月は、だんだんと赤ちゃんがまとまった時間眠るようになってくることで、少し落ち着いてくるようですが、調べていると、このあたりまでがつらいという感想が多いと感じました。

育児のことを調べていると、生後6か月までがつらいという声が多いことがわかりました。

実際に、出産してからどんなことが待ち受けているのか全然わからなかったため、雑誌や人気の育児本「はじめてママ&パパの育児」等を読んで出産に備えることにしました。

半年間の取得を決意!

検討したように、給付金の金額や子育てのつらい時期等を考慮し、妻と話し合った結果、半年程度の取得がベストだという結論に達しました。

取得期間をストレートに伝える!胃はキリキリしました

上記のように半年取得すると安心だね!…とはなりましたが、上司にその旨を伝えるとなると、この時は胃がきりきりしました。

時期については、安定期に入った頃に伝えました。

比較的取得が進んでいる職場状況にありましたが、まだまだ長期間の取得にはハードルが高く、男性には半強制的に育休取得させる仕組みが必要だと感じました。

ただ、仕事は誰でもできると割り切りました!引継ぎをしっかりすれば大丈夫です。

子どもと向き合えるのは親だけです。

そう考え、上司に正直に夫婦で育児をするため、半年間取得したい旨伝えました。

内心はどう思ったかはわかりませんが、男も育児しないとねといった感じで受け止めていただくことができました。

まとめ

男性の育児休業はまだまだ進んでいない部分もありますが、多少白い目で見られたとしても自ら切り開く意思を持つことが大事です。

そもそも取得をしない人がいると負の連鎖を生んでしまうと思います。自分から世の中を変えて行きましょう!

また、自分自身の中にも固定観念が植え付けられているような気もしました。

育児は夫婦で行うものですし、子育て期間、こういった制度を使うために高い社会保険料を払っているという面もあるかと思いますので、男性は半年以上育児休業を取るのがおすすめです。

難しい場合でも、一番大変で大切な時期を共有できるという意味で、最低3か月は取得するのがいいかと思います。

登録しないともったいない!妊娠中にお得なおすすめアプリや情報!
新型コロナウイルスの流行により病院のマタニティクラスや市町村の両親学級などは中止や縮小、オンライン化など変化しました。どこから情報を得たらいいのだろう…という不安から気付けば沢山のマタニティ向けサイトやアプリを登録していました。そんな中からぜひおすすめしたいものを紹介します!
出産&子育て
スポンサーリンク
くおれびをフォローする
くおれび
タイトルとURLをコピーしました