地震や台風の防災対策!災害時に備えた備蓄や準備できてる?

災害に備えよう!

地震大国日本。

いつ自分が被災してもおかしくないですが、体験しないと災害時に対する意識は薄いものです。

夫婦二人暮らしの時はもしもの時でも給水や配給があるだろうし、何とかなるだろうと楽天的でした。
しかし、子供が産まれたのをきっかけに配給をあてにするのは良くない!と考えを改め、非常食などの準備をしました。

いまこそ万が一に備えましょう

スポンサーリンク

防災グッズ一覧

もしもに備えて準備しておくといいものは次の通りです。

  • 非常食
  • ティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • 除菌アルコール
  • マスク
  • 大きな布(ハンカチやタオル)
  • 簡易トイレ
  • 懐中電灯と乾電池
  • ポータブル充電器
  • 現金

これらを袋にまとめておき、出口の近くに常備しておくといいですね。

地震・台風などに備えて備蓄!必要な食料は?

一般的に災害が発生してから救助体制が整うまでには3日かかるといわれているので3日分×家族の人数分を用意しましょう。

大人1人1日分の目安

  • 飲料水   3L
  • ごはん   3食
  • 缶詰やお菓子

※お菓子はストレスを和らげ安心感を与えてくれます。
※子供はこの半分~3分の2を目安に用意しましょう。

ローリングストックとは

ローリングストックとは日常的に非常食を食べて、食べたら買い足すという行為を繰り返し、常に家庭に新しい非常食を備蓄する方法。
非常食は作り方が特殊なので不慣れだとストレスにもつながります。

非常食は大変種類が多く、もはやどれがいいかわからないですよね。
だから1年に1回家族みんなで試食会をするのはおすすめです。

この方法なら普段から食べているものが災害時の食卓に並び、安心して食事できますね。

おすすめの非常食

お買い得な非常食 尾西のアルファ米ごはんシリーズ

炊きたてご飯のおいしさをそのままに急速乾燥した「アルファ米」を使用し、お湯又は水さえあれば、簡単にふっくらご飯ができあがります。

スプーン付きで、熱湯を使った場合は15~20分、水の場合は60分待つと食べられます。

味の種類も白ご飯やおかゆだけではありません。種類豊かなので飽きることなく毎日食べられます。

やってしまいがちなミスはお湯を入れる前に脱酸素剤を取り出し忘れること!慌てずに調理しましょう。

安いのに豊富な種類!長期保存できますがキャンプに持っていくのもいいですよ!

5年保存可能です。

持ち出しやすい アルファー食品 安心米バラエティセット

定番のご飯とお菓子感覚のおこげぜんざいのセットです。

こちらのセットは取っ手付きの段ボールに入っているため、簡単に持ち出すことができます。

大きさが30.9 x 17.8 x 15.5 cmで重さも1.78 Kgと、本棚や食器棚にコンパクトに収まるため、収納にも困りません

ご飯の作り方はこちらも 熱湯を使った場合は15~20分、水の場合は60分待つと食べられます。

なによりもおすすめしたいのはおこげぜんざいです。こちらは水が不要なので、非常用に備蓄している水を消化することなく、食事をすることが可能です。

5年保存可能です。

非常時もおいしい水を アサヒ飲料 おいしい水

小容量なら衛生的で避難時の携帯も軽くてラクラクです。

1ケースで家族4人分の1日の水が確保できます。

そしてこちらのおすすめポイントは保管期間がなんと6年可能なところ。賞味期限が5年以上あるのは安心ですね。

日本人に適した軟水です。

赤ちゃんがいる生活における備蓄

災害時は特に乳幼児の物品が手に入りにくくなります。そんな時に備えて最低限知識をつけておきましょう。

離乳食が手に入らない時

5~6か月なら母乳やミルクで対応しましょう。

7か月以降なら例えばおにぎりの具を除いてお湯を加えておかゆにして与えることもできます。

ペットボトルの水を使う場合はミネラルの少ない軟水を選びましょう。

災害時のミルク

液体ミルクが活躍します!明治のほほえみならばアタッチメントを付ければ哺乳瓶要らずで、授乳可能です。

哺乳瓶や乳首がない時もありますよね。そんな時は紙コップなどで代用できます。

カップフィーディング法

  1. 子供が目覚めている状態で膝に乗せ、やや縦抱きになるようにします。
  2. カップに少なくとも半分以上のミルクが入った状態にします。
  3. 子供の口元にカップを近づけ、少し傾けます。
  4. 軽くカップを傾け、2~3滴のミルクを子供の口に流し込みます。
  5. カップの位置をそのままに保ち、子供が自分のリズムで飲むようにします。口の中にミルクを注がないように注意しましょう。

地震に備えて用意しておきたい防災グッズ

災害時、ガラスが飛び散って歩くだけでも危険なことがありますので、スニーカーヘルメットを準備できるとなおいいですね。

ヘルメットはたためるタイプが便利です。保管時に場所を取らないし、袋に入れてかけておけばすぐに使うことができます。

IZANO 防災用 たためる ヘルメット ホワイト

備蓄性・携帯性に優れており、収納時は何と高さ約8センチとコンパクトです。ワンアクションでヘルメットに変身するため大変便利です。

派手派手な袋も付いてきます!

2014年度にグッドデザイン賞を受賞しています。

まとめ

日頃から知識を持っておけばパニックにならずに冷静に対応できます。特に非常食に関しては食べ方を知っておくだけでなく試しておいた方がいいですよ!

災害はいつかではなく今すぐ起こりうるものです。だからこそ準備をしておきましょう

暮らし
スポンサーリンク
くおれびをフォローする
くおれび
タイトルとURLをコピーしました