あると便利!買ってよかった新生児ベビーグッズベスト3!

おすすめベビーグッズベスト3

新生児をお世話するためのベビー用品。どれを用意したらいいか、買うべきかレンタルで済ませるべきか…?本当に悩みますよね。

レンタルではなく実際に使ってみて本当に買ってよかった!と思ったベビー用品ベスト3をご紹介します!

スポンサーリンク

第3位 【西松屋 SmartAngel ベビーバウンサーライト】

0か月~24か月(13kg)まで使用できる、西松屋SmartAngelの「ベビーバウンサーライト」は、3段階のリクライニング調整機能付きで通気性の良いメッシュ生地を採用。シートは取り外してお手入れが可能なのが特徴です。

また、コンパクトに折りたたみ可能で収納時の厚さは10cmほどです。

お店で実際に赤ちゃんを乗せてみたところ使いやすそうだと感じ、色も淡くてかわいかったので購入しました。

同じ西松屋ブランドでは黒いタイプのベビーバウンサーエアというのがあり、背中のメッシュがより通気性が良いという違いがあるようですが、ライトでも十分通気性は良いです。

電動ではないのですが子供が少し動くとゆらゆらと優しく揺れます。

ベルトは両端をパチッと簡単に止め外しが可能でベルトの長さもマジックテープで簡単に変えられます。

実際に使ってみた感想

すごく泣いている時に乗せたからといってすぐに泣き止むわけでも眠るわけでもないですが、機嫌の良い時に乗せるとゆっくりとした揺れにニコニコしていることもあります。

また、本体は2kgととても軽いのでちょっと台所で作業したい…や、ちょっと食事をしたい…というときにバウンサーを目の届くところに置いて使用しています。

授乳後にげっぷが出ていないけどちょっと作業しないと…という時には吐き戻しの防止にもつながっている印象も。

不思議なことに、乗せてしばらくするとおむつから漏れるほどの大量の便が出ることが!
角度が程よく踏ん張りやすいのかな?
シートが洗えるというのも大変ありがたいです。
お子さんが便秘気味ならぜひ使ってみてほしいです。

バウンサーは1か月のレンタルでも安いところで2,000円くらいしますね。
こちらのバウンサーは5,000円以下で手に入るので、レンタルするくらいなら買ってしまえ!という軽い気持ちで買ってみてはいかがでしょうか?

第2位 【Richell ふかふかベビーバスW】

Richellの「ふかふかベビーバスW」は、バスネットを使わなくてもOKな空気で膨らむエアーベビーバスです。新生児~3か月(身長60cm)まで使用できます。

たて・よこWエアー構造により強度があるのでへこたれず、赤ちゃんをしっかりキャッチするストッパーが付いており、ずり落ちを防いでくれます。

フックが付いているので膨らませた状態での吊り下げも可能
また、栓が付いているので持ち上げなくても水を抜くこともできます。

色はグリーン、パープル、ピンク(トイザらス・ベビーザらス限定)の3種類あります。

同じRichellブランドでふかふかベビーバスプラスという製品があり、こちらはエアーポンプが内蔵されており、空気ポンプを使用しなくても膨らませられることと6か月まで使用できる(身長目安49~66cm)のが特徴です。

実際に使ってみた感想

膨らませるのが結構重労働でしたが、一度膨らませたらフックに掛けておけるのでそれほど不便は感じませんでした。
むしろ掛けておくと水も落ちやすくてよく乾きます。

ストッパーのおかげで赤ちゃんが滑り落ちる心配もないし、その割には強度があるので使いやすいと感じました。

生後1か月を過ぎ、大人と同じ湯舟に入れるようになってからはお湯を張らずに体を洗ってあげる支えに使うこともありました。

使用しなくなっても空気を抜けばコンパクトになりますし、3か月を過ぎても中に入らずに水を溜めてボールを浮かべるなど簡単な水遊びにも使えます。

こちらは3,000円以下で購入できるのでベビーバスのレンタルとあまり変わりませんのでおすすめです。

第1位 【ファルスカ ベッドインベッド フレックス】

ファルスカの「ベッドインベッド フレックス」は、成長に合わせて変化する新しい寝具。

新生児から5歳頃まで長く使える5IN1仕様です。

新生児から4か月までは添い寝するためのベッドインベッド、4~8か月ごろにはお座りサポート、8か月~3歳頃まではお出かけ時に使えるチェアベルトやそれ以降はお食事シート(2パターン)として使えます。

マットレス以外は洗濯OK、コンパクトに折りたたむこともできます。

また、吐き戻しを防止するための優しい角度のついた傾斜クッション付。

使ってみた感想

普段、ベッドを使用しているため、ベビーベッドのレンタルをしようかとも考えたのですが、部屋があまり広くないのでベッドで使えるものを探していました。

こちらは多少高さのある囲いがあるので万が一大人が寝返りを打った時に踏んでしまうこともないし、ベルトで赤ちゃんを固定できるのでベッドから転がり落ちていた!なんてこともなく安心して使えます。

とても軽いので生後1か月までは夜にベッドの上で使用し、昼にリビングに運んで使用しました。

夜中の授乳後になかなかげっぷが出ず、仕方なく寝かせても傾斜クッションのおかげか吐き戻しは少なかったです。

特に買ってよかったと実感したのは実家へ行ったとき。日帰りでしたが実家には和室がないし、赤ちゃんを置くためのものもなかったので床にタオルでも敷いて…となるところでしたが、こちらのベッドインベッドは折りたたんで持っていけるので便利でした。

クーファンやコンパクトベッドだとベッドとしての役目が終われば使い道がなくなってしまうのですが、ある程度大きくなってもお食事シートとして使用できるということに魅力を感じたので購入しました。

お値段は少々しますが、ベビーベッド+お食事用の椅子だと考えたらお得です。

まとめ

レンタルか購入か…本当に迷いますが、それぞれの生活に合ったスタイルを選択するといいかと思います。

ですが、迷っているならばこちらで紹介したベビー用品は場所も取らないしそこまで高くなく、実際に使ってみておすすめできると思いましたので、検討してみてはいかがでしょうか?

出産後の足のむくみや悪露などの体験談!産褥期は安静に過ごそう!
出産直後から始まる子育ては何もかもがひっくり返るほど慌ただしいです。赤ちゃんに気を取られがちですが、出産後のお母さんの変化に関しても気を遣いたいものです。そこで、出産後1か月を経過する中で私に起こった問題とその解決方法についてご紹介します。
出産&子育て
スポンサーリンク
くおれびをフォローする
くおれび
タイトルとURLをコピーしました