「どろあわわ」と「くろあわわ」の違いを比較!使い方や効果は?

どろあわわくろあわわ使用感

洗顔料はどれも同じかと思いきや、使ってみると違いを実感することありませんか。

特に口コミも良いどろあわわシリーズは洗った直後から肌の質感の違いに驚きます。

また、どろあわわの兄弟、くろあわわをご存じでしょうか?

泡立て方や使用感など両方とも実際に使ってみたレポートを紹介します。

スポンサーリンク

どろあわわって何?

シンプルなデザインにリニューアル!

「どろあわわ」とは、泥洗顔市場にて何年も連続で売上金額No1を獲得している洗顔料です。

お米の成分である「米麹エキス」と「米ぬか発酵エキス」が肌を柔らかくし、泥成分の「タナクラクレイ」「マリンシルト」「ベントナイト」が汚れを吸着します。

特徴はなんといっても泡がしっかりしていること。泡立ちいいので肌に手が触れません。

発売元は健康コーポレーションです。正直聞いたことのないメーカーだな…と思って調べてみるとあの結果にコミットするRIZAPのグループ会社でした。

どろあわわの使い方と使用感

使用量の目安として3センチが書いてあります。

どろあわわの使い方ですが、3センチが1回の使用量で、専用の泡立てネットに少量の水あるいはぬるま湯を含ませて泡立てれば完成です。

指示通りに泡立ててみると尋常じゃない泡の量!このまま顔にバサッとつけるだけで窒息しそうです!

専用の泡立てネットと言われても…ということで台所の排水口ネットで代用しても一応使えました。

3センチだと全身洗えそうなくらいの泡立ちだったので1センチまで減らしてみましたが、泡で出る洗顔フォーム2プッシュ分以上の泡立ちを得られました。

手の摩擦を減らすことを考えたら1.5センチくらいは使用した方がよさそうですね。

洗い上りは肌がもちもちする感じがします。程よく肌の水分が保たれている印象です。
また、一か月使ってみた感想としては毛穴が目立たなくなった感じと心なしか美白効果がある気がします!

泡切れはあまりよくないので何回も水で洗い流す必要があり、この時手で肌をこすらないよう気を付けましょう。

3センチ使うと30回分とのことで、少々割高ですがそれだけの価値はあると思います。

「どろあわわ」

くろあわわって何?

こちらもシンプルなデザイン

くろあわわに含まれているお米の成分「米麹エキス」と「米ぬか発酵エキス」が肌を柔らかくし、泥成分の「タナクラクレイ」「マリンシルト」「ベントナイト」が汚れを吸着します。ここまではどろあわわと同じです。

そこに吸着力の強いダブル炭成分として「やし殻活性炭」と「泥炭」を加え、更に天然こんにゃく由来成分である「マンナン粒」が古い角質を落としてくれます。

どろあわわよりも角質に特化している印象です。

くろあわわの使い方と使用感

毛穴まで効果ありそう!

使い方はどろあわわと同じです。泡立て直後は黒めの泡でしたがしっかり泡立てれば白くなりました。

手で泡立ててみるとどろあわわにはなかった塩のようなつぶつぶを感じました。これはしっかり泡立てないと肌を傷つけてしまいそうです。

どろあわわと比べると毛穴の汚れまで取れている印象で、洗浄力が高いように感じました。

「くろあわわ」

どこで買える?

公式サイトで購入できます。定期的にキャンペーンをしており、専用泡立てネットも付いてくることも!

単品購入・定期購入・おまとめ購入とあるので自分に合ったコースで購入するといいですね。

まとめ

何年も連続で売上金額No1を獲得できる洗顔ってどんなものだ??という興味本位で使ってみましたが、確かに売り上げている理由がわかります!

これは人に勧めたくなる洗顔料でした!

健康
スポンサーリンク
くおれびをフォローする
くおれび
タイトルとURLをコピーしました